RYDEN

ブランドイメージの調査方法・ランキング・作り方を紹介

2024.01.05
ブランディング
ライデンBlog担当

ブランドイメージとは顧客や消費者がブランドに対して抱くイメージであり、どのようなイメージを持っているかは尋ねてみなければ分かりません。
この記事では、自社ブランドがどのようなイメージを持たれているかを調査する方法やブランドイメージの作り方について、事例を交えて解説します。

ブランドイメージとは消費者が持つイメージ

ブランドイメージとは、顧客や消費者がブランド(企業・商品・サービス)に対して持つイメージです。

たとえば「ネット限定でこだわりのセレクト商品を販売している」というような消費者の認識もブランドイメージであるといえるでしょう。

ロゴやブランドサイトのビジュアルアイデンティティに対するイメージのほか、商品の機能性やサービスを通じて得られた体験などもイメージになり得ます。

ブランドアイデンティティとの違い

ブランドイメージは消費者がブランドに対して持つイメージです。一方ブランドアイデンティティとは、ブランド側が定義しているブランドの独自性を指します。

ブランドアイデンティティは、ブランドの由来や意義・顧客にもたらす価値などを定義し、他社との違いを決定的にするものです。

それらをビジュアルや体験を通して消費者が認識することで、ブランドイメージが形成されます。

ブランドイメージの調査方法

ブランドイメージの調査方法として次の2つの方法があります。

  1. 定量調査
  2. 定性調査

定量調査は、自社のイメージについてアンケートで用意した設問に対して「そう思う」「そう思わない」など、選択された回答を集計する方法です。

定性調査は、消費者のグループを集めてインタビューやミーティングを開催し、自社のイメージや利用状況について生の声を収集する方法です。

収集する内容としては、

  • 認知度
  • 選択の候補として思い浮かぶか(エボークトセット)
  • イメージが正しく認識されているか
  • ブランドへの関与の度合い
  • 購入・利用時に重視していること

などがあります。

ブランドイメージ・ランキング一覧

参考までに、日本でどのようなブランドが良いイメージを持たれているかを見てみましょう。

日経BPコンサルティングが発表した「ブランド・ジャパン」調査結果の最近3年間の総合力ランキングです。

総合力ランキング 一般生活者編

2023年2022年2021年
順位ブランド順位ブランド順位ブランド
1USJ1YouTube1YouTube
2Google2Google2Google
3UNIQLO3NISSIN3UNIQLO
4Disney4MUJI4MUJI
5DAISO5楽天市場5SONY

2023年の1位は USJ で、コロナ禍収束のタイミングで人気アニメとのコラボが評価され支持を集めたと考えられます。

Google、UNIQLOは毎年コンスタントに支持されており、ユーザーを大切にする企業姿勢が消費者に理解されている結果といえるでしょう。

ブランドイメージの作り方

顧客や消費者に良いブランドイメージを持ってもらうためには、ターゲティングや価値の提供などの戦略と、ビジュアルの作り込みが必要になります。

また、Webサイト・店舗・広告など、消費者とのさまざまな接点(タッチポイント)において表現され、伝わることが重要です。

ターゲット・提供価値の設定

外部環境を調査し、ブランドがどのような価値を顧客に提供できているかを明確にします。同時に、価値を高く評価してもらえる顧客層を明確にし、メインターゲットとします。

ターゲットがどのようにブランドを知り、どこで商品・サービスを注文し、どのようなサポートを求めているかというタッチポイントを把握しましょう。カスタマージャーニーマップを用いて視覚化することも有効です。

コンセプト立案

ブランドのコンセプトとして、提供する価値や提供の仕方を言語化します。

価値はブランド側の企業が考える価値ではなく、顧客が手にするベネフィットに着目してコンセプトを立案しましょう。

ストーリー作成

ブランドイメージに深みを持たせるために、歴史的な背景やブランドが生まれた経緯・意図を説明することが効果的です。

消費者が共感するような目的があり、それを実現するために行ってきたさまざまな活動を示すことで、消費者にとってのブランドの意義が強く認識されるでしょう。

コンテンツ制作

ブランドイメージは、商品・サービス・Webサイト・店舗などに関わるさまざまなコンテンツにおいて、視覚化・言語化します。

どのコンテンツでも同様のイメージを消費者が受け取れるような、統一感を持たせたビジュアルの制作が重要です。

またWebサイトにおける操作性(UI)はユーザー体験(UX)を左右します。店舗での販売員の対応、サポートの対応などと併せたUI/UXの設計も重要です。

ブランドイメージ向上のメリット

ブランドイメージが向上すると次のようなメリットが生まれます。

  1. 他社との差別化が顕著になる
  2. 顧客エンゲージメントが高まる
  3. LTVが向上する
  4. 優秀な人材が集まる
  5. 従業員エンゲージメントが高まる

すなわち社内外にブランディングされた状態になりますが、顧客・従業員のエンゲージメントが高まることは、売上への貢献とともにプロモーションや教育のコストを抑制できる効果を生みます。

ブランドイメージ戦略の成功事例|今治タオル

ブランドイメージ戦略の成功事例としてよく知られている今治タオルの事例を紹介します。

長い歴史のある今治のタオルは、輸入タオルに押されて市場性が失われていました。

しかし、個別のメーカーでなく「今治」という産地をブランド化し、伝統ある高品質なタオルを訴求するために「白い無地のタオル」を主力商品に設定し、プロモーションを展開しました。この点は無印良品のブランド戦略にも通じるものがあるでしょう。

現在では「安心・安全・高品質」なジャパンクオリティのタオルとして、ブランドが世界に認められています。

ブランドイメージ作りをアートワークで支援するライデン

ブランドイメージにビジュアルが与える影響は極めて大きいでしょう。ライデンはブランドイメージ作りをアートワークで支援します。

ライデンのブランディングプロセスは、

  1. ビジョン(何をエンドユーザーに約束するか)
  2. パーソナリティ(その個性がどんな印象を与えるか)
  3. アクション(どんなチャネル・表現・制作物を用いるか)

を的確に捉え、言語化・ビジュアル化を実施することです。

ビジネスの伴走者としてライデンを選んでいただくための判断材料を動画でご提供しています。

→「ライデンが提供する価値

この記事を書いた人

ライデンBlog担当
ライデンBlog担当
この人が筆述した他の記事

ブランドロイヤリティを高める方法

2024.01.30

アウターブランディングとは?インナーブランディングとの関係・事例を紹介

2023.10.31

VI(ビジュアルアイデンティティ)とは?メリットと事例について解説

2023.10.12

コーポレートアイデンティティ(CI)とは?ブランド戦略における意味と作り方

2023.09.19

企業ブランディングとは?中小企業における目的と手法について事例を交えて解説

2023.09.19

ブランディングの効果を手法別に解説|効果測定の方法も紹介

2023.05.8

【事例付】商品ブランディングとは?目的や効果・企画の流れを解説

2023.05.7

リブランディングの事例13選!食品・アパレル等多数紹介

2023.05.7

ブランドマーケティングは何が違う?戦略と効果・ビジュアルの役割について解説

2023.05.7

ブランディングとマーケティングの違い、自社で活かすコツを解説

2023.05.6

ブランドアイデンティティとは?メリット・作り方・事例を紹介

2023.03.9

事例一覧付!ブランドコンセプトの重要性と作り方について解説

2023.03.7

Webブランディングのメリットとは?手法・流れを解説

2023.02.1

ブランディングの成功事例をご紹介

2023.01.16

ロゴだけじゃない!統一感のあるブランドデザイン(ブランディングデザイン)とは?そのプロセスやメリットなどを紹介

2023.01.10

ブランディング戦略の立て方について解説|効果や事例についても紹介

2022.12.21

ブランディングサイト(ブランドサイト)とは?目的(役割)や作り方・事例を解説

2022.12.16

コーポレートブランディングとは?効果やプロセス、事例を解説

2022.12.11
筆述目録へ

ライデンへのご相談

「エンドユーザーとのエンゲージメントを⾼めたい」「コミュニケーションに⼀貫性を持たせたい」、
「⾼品質なビジュアルデザインを求めている」など、御社の課題をぜひご相談ください。
御社のブランドパートナーとしてご縁が繋がることを、私たちも楽しみにしています。